チラシをデザインして印象付けよう|売上の向上を期待

気を付けておくポイント

必ず最終チェックをする

印刷関連

チラシ印刷をこれから検討されている方も大勢いらっしゃるでしょう。
近年では自宅のパソコンを利用して簡単にチラシ作成をする事も可能ですが、大量にチラシ印刷したい場合は返って印刷業者に依頼される方がお得になります。
業者に依頼される際は、事前に気を付けておくポイントも把握させておきましょう。
最も注意する点はデザイン入稿の際にサイズは合っているか、カラーはCMYKに変換されているか、文字は見やすくレイアウトされているかという点です。
デザインソフトを利用して作り込んだデータでも、チラシの完成を確認した時に画像サイズが小さい、カラーが滲んでいるなどのトラブルが起こるケースもあります。
必ずデザイン入稿前に依頼する業者の指定サイズ、カラーを確認しておき、最終チェックを怠らないようにしましょう。
そして、パソコン画面でデザインを作っていると、文字の大きさが曖昧になる事もあります。
業者によってはチラシの完成サンプルデータをメールで送ってくれる所もあるので、一度相談してみると良いでしょう。
また、大量にチラシ印刷する際に余る事を懸念して中途半端な部数で依頼される方もいますが、キリの良い部数の方がお得になる事もあります。
デザインが描けないという場合でも、デザインから印刷まで全てを請け負っている業者も多くあります。
ラフデザインを簡単に描いて送り、その後に業者が仕上げてくれる流れが多いですが、しっかり拘るポイントがデザインされているかを確認しておきましょう。

効果的な広告ができます

印刷物

これからお店を始める方や新規の顧客を開発したい方にとって、チラシは有効な広告手段です。
インターネットの時代でもポスティングなどのチラシによるお店の宣伝は、コストパフォーマンスのよい方法として根強い人気があります。
お店のチラシを作るにあたってまず気になるのが、印刷やデザインについての知識です。
チラシなどの印刷物を作ったことがないから、効果的なチラシの作り方がわからないという人もいるでしょう。
また、デザインの知識もセンスもないから、おしゃれなものができるか心配だなどの不安がある人もいます。
初めてのチラシ作りでお困りの方は、ネット印刷業者が便利です。
デザインなどに関する知識がなくても、効果的でおしゃれな印刷物を作ることができます。
広告のデザインは自分で作って入稿することもできますが、初めての方でも安心のテンプレートも提供されています。
本格的なデザインを試してみたい方向けは、デザイナーに広告デザインを依頼することもできます。
オンラインで相談や打ち合わせができるので、毎日のお店の業務が忙しくても閉店後に業者やデザイナーと相談できます。
ネット印刷業者、は初めてのチラシ作りをお手伝いしてくれるサービスやセットが豊富に提供されています。
チャットやメールで相談しながら、スムーズにチラシ作りをすることができます。
料金体系もわかりやすく、特殊な印刷や用紙も選べる自由度の高いシステムになっています。
現在は数多くの印刷業者があるため、依頼する際には、サービスの内容や料金など様々な点をそれぞれ比較しながら、目的に合ったところを選ぶとよいでしょう。

制作前の確認が大切

ちらし

宣伝広告の方法は技術の発展で進化を続けていますが、チラシは昔ながらの方法でありながら現代においても効果を発揮しています。
主に紙で制作されるチラシは手に持つことができ、家庭や職場などでは、数人が閲覧するチャンスも得られることでしょう。
チラシは印刷まですべて自作というケースもみられますが、商品や企業のイメージを左右するため、間違ったコスト削減を実行するべきではありません。
デザイン自体は自作でも構いませんが、印刷は素人でも違いがはっきりとわかることから、専門会社への依頼が望ましいといえます。
チラシのデザイン方法を自作とする場合、まずは指定されたカラーモードと解像度の確認が大切です。
RGBもしくはCMYKと表記されているもので、編集ソフトによるデータの作成前や保存の際にも設定できます。
業者の指定するモードと異なる場合、モニター表示色と印刷色が変わるため、デザイン時とデータ保存時は確実に確認しましょう。
dpiまたは解像度も確認が必須であり、推奨数値よりも低いと線の滑らかさが失われるため注意が必要です。
いずれにしても編集ソフト別のテンプレートが用意されている場合、面倒だからと放置せずに活用するべきでしょう。
このほか、注文時にはいくつものサイズから選択できますが、数字が同じであってもA判とB判では異なります。
A判は国際規格、B判は日本規格を示すものであり、チラシはA4やB5サイズあたりが最適です。
あくまでも目安ですので、デザインの際は希望のタイプとサイズを意識して制作します。

気を付けておくポイント

印刷関連

チラシのデザインを行い、印刷を業者に依頼される際はサイズやカラーなどに気を付けておきましょう。デザインを入稿する前の最終チェックが最も大切ですので、時間を掛けてでも行っておきましょう。また、大量にチラシ印刷をする場合はなるべくキリの良い部数で依頼されると良いでしょう。

もっと読む

印刷用紙の選択が大切

インク

デザインにどの様な印刷用紙を組み合わせるかによって、チラシが持つ雰囲気も随分違ってきます。使用する紙はコート紙やマット紙、上質紙など色々な種類があります。イベント告知やヘアサロンの広告など、目的に合わせて紙を上手にセレクトしていく事が大切です。

もっと読む

収益アップにつながる宣伝

PRINT

納入実績やデザインの実例を参考にするのが、広告宣伝用のチラシを作成するために、業者を選ぶ場合のポイントです。編集にこだわったり、スケジュールに余裕を持って発注することも重要ですが、配布後に宣伝効果を分析する取り組みも大切です。

もっと読む